ホーム唐戸山神事相撲

唐戸山神事相撲

〝水なし 塩なし まったなし〟の古式に従い

 熱戦が繰り広げられる!

 

 

 石川県指定無形民俗文化財

 唐戸山神事相撲 からとやましんじずもう

 

 

 唐戸山神事相撲は、羽咋神社の祭神、磐衝別命(いわつくわけのみこと)

の遺徳を偲んで、その命日である9月25日に若者が集まり、相撲をとって

神霊を慰めたのが起源と言われ、以来約二千年にわたって継承されています。

 神事相撲は、すり鉢状の砂地の中央に土俵が設置された屋外の相撲場で、

四方にかがり火が焚かれたなかで行われます。

「東」「西」ではなく、羽咋市の邑知潟を中心に、加賀・越中方面を「上山」

(かみやま)、能登方面を「下山」(しもやま)と呼び、それぞれの力士が、

「水なし、塩なし、待ったなし」の伝統作法により、大関が決まるまで力闘を

繰り広げます。

最後に大関に決まった力士は仲間に肩車をされて、相撲神の待つ羽咋神社

まで凱旋して奉納します。

 

入場料は不要です。

すり鉢状の観覧場所では座るための敷物が必要です。また、夕刻以降は

冷え込むことが多いのでウィンドブレーカーなどの寒さ対策をお忘れなく!

 

明治の頃の唐戸山神事相撲のようす

            明治の頃のようす (写真:唐戸山資料展示室)

  

力士応援のためののぼり 稽古取り・協賛相撲のはじまり

神事太鼓 「水なし 塩なし まったなし」で競われる伝統的な野相撲

結びの一番(H22.9.25) 大関の誕生。仲間に担がれて羽咋神社へ(H22.9.25)

 

 神事相撲の前日の9月24日と当日25日は、羽咋神社となりの本念寺で

大法要(羽咋法事)が営まれ、羽咋駅前から国道までの約550mの商店街

は、終日、歩行者天国となり、道路両脇に様々な露店が軒を並べて賑わい

ます。 羽咋では初秋を飾る伝統的な行事になっています。

※露店の出店は23日から26日までです。この間、車両の通行規制が

 敷かれますのでご注意ください。車でお越しの方は商工会か市役所駐車場を

ご利用ください。

 

 

JR羽咋駅から国道に至る600mあまりの商店街の両側や羽咋神社境内には露店や射的、スマートボールなどが昔懐かしい夜店が軒を並べます 

 

【唐戸山神事相撲の進行予定】 

午後3時~

神社奉額祭

(羽咋神社)

前年の大関が記念の額を掲げます
午後3時30分~

神社相撲祭

(羽咋神社)

立行司に白木の軍配を授けます
午後5時30分頃~

稽古取り・

協賛相撲

(唐戸山相撲場)

小決勝、中決勝、十人弓、特別対抗戦、

トーナメント決勝、大決勝

午後8時頃~

中入り

(唐戸山相撲場)

化粧まわし土俵入り、相撲甚句、神事太鼓

午後8時30分頃~

 10時頃終了

神事相撲

(唐戸山相撲場)

古式にのっとり、前弓、中弓、奥弓
午後10時30分頃~

神社幣帛授与祭

(羽咋神社)

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

【唐戸山相撲場へのアクセス・地図】

 所在地:石川県羽咋市南中央町

 国道249号「羽咋中学校前」交差点南寄り「本井商店ガソリン

 スタンド(ESSO)」向かいを、「羽咋池野整形外科医院」

 方向へ斜めに入り、羽咋池野整形外科医院を左手に見たら

 約50m先の右側です。

 当日は臨時駐車場が相撲場入口向かいに設置されます。

 誘導員の指示に従ってください。また、市役所や商工会

 駐車場も神事相撲、羽咋法事期間中、臨時駐車場として

 開放されます。 

 

  

唐戸山相撲場地図